ZOOM等のオンラインミーティングで相手との距離を縮めるには?

「ZOOM等のオンラインミーティングで相手との距離を縮めるには?」のアイキャッチ画像

相手との距離を縮めたい

この騒動によってZOOM等のオンラインミーティングをする機会が増えてきました。僕はオンラインミーティングの経験がほとんどなかったので、最初は戸惑いました。

会話中の微妙なタイムラグだったり、「相手の画面には自分がどんな風に映ってるんだろう」ってことばかり気になったり。ミーティングそのものよりも、別のことが気になって身が入らない感覚がありましたが、回数を重ねてくうちに少しずつ慣れてきました。

ただ、相手との気持ちの距離を縮めるためには工夫が必要だなと感じました。そこで今回の記事では、僕が工夫していく中で感じた、オンラインミーティングでも相手との距離を縮めるためのポイントをご紹介したいと思います。

相手との距離を縮めるポイント

①質問を多めにする

リアルと変わらない感覚で話してるとタイムラグのせいで会話がグチャっとなったりします。なので、質問を多めにして会話中の「間」を有効活用します。質問の答えを探すための空白の時間が、オンラインだと空白だと感じづらいように思いました。

②リアクションは大きめに

オンラインだとお互い小さな画面越しに話をすることになるので、リアルなら伝わってた空気感も伝わりづらいです。場合によっては「ほんとに聞いてくれてるの?」って感じることもあります。そこで、リアクションを大きめにすることで「話を聞いてますよ」という合図が、視覚的にも相手に伝わるよう配慮します。これが会話中のアクセントもになり、画面越しでも盛り上がる感覚があります。

③相手をよく観察する

オンラインミーティングをしてて気づいたんですが、対面でのミーティングだと「相手のことをしっかり見つめながら話すことは少なかったな」と感じました。オンラインだと必然的にそうすることになります。これを逆手にとり、相手のことを「観察する」よう意識してみます。しっかり観察することで、自分が相手の中に入り込む感覚になり、不思議な一体感が生まれます。

こうしてまとめみると、相手との距離を縮めるのにリアルもオンラインも変わらない気がします。どのみちポイントになるのは「相手との一体感を生むための工夫」です。これからも色んな工夫をしながら、オンラインミーティングも楽しんでいきたいと思います。