もう経費をムダにしない!売上につながる集客・販促ツールの選び方

「もう経費をムダにしない!売上につながる集客・販促ツールの選び方」のアイキャッチ画像

売上アップにつながるために

弊社の別セクションでは、集客・販促に活用できる広告や印刷物、ウェブサイトのデザイン制作を行っています。これまで様々なご依頼をいただき、数多くの集客・販促ツールを制作させていただきました。「新聞折込用のチラシをつくりたい」「ポスティング用のリーフレットをつくりたい」といったツールを指定したご依頼もありますし、どんなツールを制作すればいいか分からないから、そこから相談に乗って欲しいというご依頼もあります。

どういったご依頼でも、大切な経費をムダにしないため、集客・販促活動で成果をあげるために、どんなツールが一番ふさわしいかを一緒に考え、そこからデザイン制作をスタートしています。今回は、僕たちがデザイン制作をする上で大切にしている「売上アップにつなげるための考え方」をひとつだけお伝えしたいと思います。

売上のどの部分を伸ばしたいのか?

まずは、売上の中のどの部分を伸ばしたいのかを探っていきます。売上は「お客様の人数」×「利用回数」×「購入単価」によって構成されていますから、その中でどこを伸ばしたいのかをハッキリさせます。それによって、やるべきことが変わってきますから、まずは自分たちの売上の構造をよく観察してみることです。

そこから、目的に合ったツールをチョイスします。例えば「お客様の人数」を伸ばしたいのであれば、新規集客のためのチラシや媒体への広告掲載が必要かもしれませんし、「利用回数」ということであれば、ダイレクトメールを郵送し、来店を促すことが考えられるかもしれません。また、店内POPなどを有効活用することで「購入単価」がアップすることもあります。

目的に合ったツール選びは、限られたコストをムダにすることなく、効率良く集客・販促活動をすることができます。売上アップにつなげるための方法はこれだけではありませんが、こういった機会を利用して自社を深く掘り下げることで、新しい発見や見えてくる何かが必ずあります。