社内のチーム力アップに効果的!経営者だからこそ出来ることとは?

「社内のチーム力アップに効果的!経営者だからこそ出来ることとは?」のアイキャッチ画像

経営者だからこそ出来ることがある

経営者には色んな悩みがつきものです。その中の一つに社内のチームワークについての悩みがある方も多いのではないでしょうか。経営者同士で話をしてると、そんな話題がよく出てきます。

チーム力をアップさせるために外部からの教育や刺激を求めるのも一つの手段ですが、チームのリーダーである経営者だからこそ出来ることがあるはずです。今回は、僕自身が経験したことから学んだ「経営者だからこそ出来る社内のチーム力をアップさせるポイント」をお伝えしたいと思います。何か少しでもヒントになることがあれば幸いです。

といっても、お伝えするのは、即効性のある秘策ではないです。経営活動全般に言えますが、活気づく社内を想像しながら、根気強く毎日毎日積み重ねていくことがポイントです。そのことを前提として、以下の3つを心がけることで、社内の空気は少しずつ変化していくことでしょう。

チーム力アップのための“3つのこと”

①イメージを共有する

経営者が、自分の頭の中にあるイメージを共有することは、とても大切なことだと感じてます。経営者あるあるですが、状況によっては「言わなくても分かるだろ!」という気持ちになりがちです。でも言わないと伝わりません。自分が「今」考えてることを、どんな形であれ、スタッフに伝えていくことは大切なことです。自分の考えを伝え、それを社内で共有することで初めて、そのイメージに向かってチームが動き出します。

②自分の言葉で話す

①の「イメージの共有」にも関連しますが、伝えるときは、なるべく自分の言葉で話すことです。借りてきた言葉では伝わりにくい、ということを僕は何度も経験してきました。「経営者だからそれっぽいことを言わなきゃ」という気持ちから出た言葉は伝わらないんですよね。自分が感じていることを、ありのままに伝えることで不思議とスタッフの心にも届くようです。

③気にかける

ごく当たり前のことですが、彼らのことを気にかけることです。これまでの経験上、社内の空気が悪くなっていく原因は「社長は自分のことを見てくれてない、分かってくれてない」というスタッフのモヤモヤした気持ちからだと感じてます。社内を活気づかせようとわざわざ交流の場をつくらなくても、日頃から彼らを気にかけ、少しずつでもコミュニケーションをとっていくことで社内の空気は変わっていきます。

チームの状態は自分の状態とリンクする

以上3つのポイントが全てではありませんが、こういったことを意識し、日々積み重ねていくことでチームが一つの方向を向き始め、自然と強固なチームができ上がっていきます。

経験から感じたことですが、チームの状態は経営者である自分の状態とリンクしています。チームのリーダーである自分の行動ひとつで場の空気は変化していきます。素直な気持ちで、自分の言葉を使って想いを伝えてみる。スマートに行動できなくても、自分の中から湧き上がる気持ちに正直に行動してみる。全ての始まりはそこからのような気がしています。