どんな状況になっても、経営者・個人事業主として忘れたくないこと

「どんな状況になっても、経営者・個人事業主として忘れたくないこと」のアイキャッチ画像

自分たちがやるべきこととは?

全国に緊急事態宣言が出されて一週間が経ちました。僕が住んでる広島でも、指定の施設などには昨日から休業要請が出され、街は閑散としてます。

経済的にも精神的にも大きなを打撃を、皆んなが皆んな食らってます。僕の会社も例にもれず、かなり大きな影響を受けました。

こんな状況になると、少しでも売上を“つくろうとする”のが普通なのかもしれませんが、それだけはしたくないです。スタッフにも、いつもそう伝えてます。売上は追うものじゃなく、やったことの結果。やってきたことに価値があるから、その対価として受け取っているだけです。

であれば、これまでもこれからも、自分たちのやるべきことは、価値を上げてくこと。いままでの価値観が通用しないのであれば、新しい価値をつくりあげることです。

そして、価値をつくりあげる上で忘れたくないことが一つあります。それは“目的”です。

もっと上の視点から見てみる

自分たちがやってる仕事は、あくまでも“手段”です。どんな業種でもそうです。誰かの気持ちを満たしたり、問題を解決するという“目的”のための手段。しかし、日々の仕事をしてると、手段が目的に変わり、そのための技術やノウハウにこだわり過ぎてしまうことがあります。

これから、手段に固執しなくてもいい時代がやってきます。目的だけが浮きぼりになる時代です。誰かの気持ちを満たしたり、問題を解決するために、自分たちにできることは何か?

いま経営者・個人事業主にとっての一番大切な仕事は、こういったビジネスの本質に向き合うことです。これからのことを考えると、不安や恐れはどうしても出てきますが、このことだけは忘れずに一緒に前に進んでいきましょう。