99%の人にとって“心からやりたいこと”なんて必要ない理由とは?

「99%の人にとって“心からやりたいこと”なんて必要ない理由とは?」のアイキャッチ画像

やりたいことなんて必要ない

少し前に読んだ本のことをふと思い出したので、今回はそこに書かれてる内容をシェアしたいと思います。そこには「やりたいことが見つからない」という悩みに対して、腑におちる答えが書かれていました。結論から言うと、ほとんどの人間にとって「やりたいこと」なんて必要ない、見つける必要もないということです。なぜそう言えるんでしょうか?

その本によると、人間は2つのタイプに分かれるそうです。一つは「To Do型」もう一つは「Being型」。それぞれが持つ“仕事に対する楽しみ方”の違いを知ると「やりたいこと」なんて必要ない理由が理解できます。

To Do型

“何をするのか”で物事を考えるタイプ。明確な夢や目標を持っている。仕事の楽しみを、To Do(コト)で語る。例えば、世の中に革新的な商品を残す、会社を大きくするなど。

Being型

“状態”に重きをおくタイプ。どんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視。仕事の楽しみをBeing(状態)で語る。例えば、多くの尊敬できる人に囲まれている。世の中にこんな影響を与えているなど。

99%の人間が君と同じ、Being型なんだ。そして、99%の人間は『心からやりたいこと』という幻想を探し求めて、彷徨うことが多い。なぜなら、世の中に溢れている成功哲学は、たった1%しかいないTo Do型の人間が書いたものだからな。彼らは言う。心からやりたいことを持てと。だが、両者は成功するための方法論が違う。だから参考にしても、彷徨うだけだ。そもそも多くの人にとって、心からやりたいことなど必要ない。

『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』北野 唯我(著)

Being型の人間に必要なこと

To Do型の人間が唱える「やりたいこと」は、Being型の人間にとって必要のないもの。どちらが正しいとか間違いではなく、ただ単に仕事を楽しむための方法論が異なるだけ。だから「やりたいことが見つからない」ことに対して、悲観したりコンプレックスを感じる必要はないということです。

では、Being型の人間にとって「やりたいこと」が必要でないのであれば、何が必要なのでしょうか?それは「何をしたいか?」ではなく『どうありたいか?』というスタンスです。人とのつながりを大切にしていたい。誰かの役に立っていたい。人に分け与えられる人間でいたい。仕事や人生を楽しむために必要なのは、こういった“状態”を目指していくことです。

これから世の中の仕組みが大きく変わっていきます。これまであった“職業”という概念が一変しそうな気配です。こんな状況だからこそ、何をするか?ではなく、どうあるか?という自分自身のスタンスを再確認しておきたいものですね。