経営者・個人事業主として、この状況をどうチャンスと捉える?

「経営者・個人事業主として、この状況をどうチャンスと捉える?」のアイキャッチ画像

誰も正解が分からない状況だからこそ

いまは誰も先のことなんて見えない状況です。正解が分からない中、多くの経営者・個人事業主の方たちが、この状況に頭を悩ませています。しかし、中には「この状況はチャンスだ」と言ってる人たちもいます。何がチャンスなんでしょうか?

僕はこの状況を“自分自身を解放するチャンス”だと感じてます。誰も正解を知らないんだから、失敗を恐れる必要もないです。それぞれがそれぞれのやり方で、やってみたいことをやっていく。自分だけが持ってる価値観を発信していくチャンスです。

残された道とは?

僕たちは学校教育で「正解することが正義」だと教えられてきました。社会に出てからも、間違うことがないよう、周りの目を気にしながら正解を探し続けてきました。“事なかれ”の姿勢が大人には染みついています。

でも状況は変わりました。特にビジネスの世界では、今回の件で“正解”というものが消え去ります。これまでは常識だった“うまくいく方法”は通用しません。自分のやり方でやっていくしか、残された道はない状態です。

この残された道は、誰も通ることのない自分だけの道。人間が本来持ってるものを思う存分発揮できる道です。本当にやりたいことをやって、つながりたい人たちとだけつながる。ここでは、そんなことが叶うと信じてます。

自分はどうしたいのか?

そのためには、自分の本当の意思を思い出すこと。自分の意思だと思い込んでるものは、メディアの情報や世間や他人の影響を受けたものだったりします。本当の意思は奥底に眠ってることが多いです。

この状況を乗り越えるために必要なのは“うまくいく方法”ではなく“自分はどうしたいか?”を知ること。

「自分が本当にやりたいことって何だったっけ?」「自分が心から楽しいと思えることって何?」と、自分の内側と対話しながら、本当の自分に気づくことが、いまこそ必要だと感じてます。