あれ?自分の話伝わってる?相手に伝わる話をするために必要なこと

「あれ?自分の話伝わってる?相手に伝わる話をするために必要なこと」のアイキャッチ画像

相手をコントロールしようとしてる?

自分が伝えたことが、相手に伝わってるのかどうか分からなくて不安になること、ありませんか?こんなときって、もどかしい思いをしますよね。

僕は過去に、このもどかしさを解消したくて、色んな心理テクニックを学んで実践してみたことがあります。しかし「伝えたいことが伝わる」ということに関しては、思ったような効果は出ませんでした。なぜでしょうか?それは、テクニックに頼って「相手をコントロール」しようとしてたからです。

「相手をコントロール」=「こんな風に思って欲しい」「こんな風に思われたらイヤだ」とか。これって何かを伝えた後の結果であって、自分ではコントロール出来ないものなんですよね。自分ではどうすることも出来ないものにエネルギーを使おうとするから、悩んだり、もどかしさを感じてたんだと思います。そして「相手をコントロール」したいという下心だけが伝わってしまいますから、本来伝えたかったことが伝わりません。

“自分が感じたまま”を相手に伝えること

では伝わるためにはどうすればいいのか?それは、自分でコントロールできるものだけに集中すること。「自分が感じたまま」を相手に伝えることです。話の順序や要点が何かなど、最低限のテクニックは必要ですが、それよりもっと大事なのが「自分が心がどう動いたか」を伝えることです。“正しいこと”や“それっぽいこと”では伝わらないんですよね。

僕は以前、スタッフやクライアントに何かを伝えようするとき、このことを痛感しました。上司として“それっぽいこと”を言おうとか、クライアントを“こんな気持ちにさせたい”と思っても、思ったようには伝わりませんでした。そうではなく、自分の感じたまま、素直な気持ちを伝えることで、伝えたいことが伝わるだけでなく、気持ちでつながるような心地いい感覚を味わうことができました。

まずは“自分の心の動きを観察する”こと

この経験から学んだのは「普段から自分の心がどう動くか」をしっかり観察すること。嬉しい、悲しい、怖いとか、どんな感覚も見逃さずに、自分の中で湧き上がった感覚をそのまま見つめることです。そして、その感覚を味わうこと。ネガティブな感覚からは逃げたくなることもありますが、それも自分の一部としてしっかり味わうことです。

この経験が「伝えたいことを伝える」上でとても役立ちます。自分の話すことが、ただの言葉ではなく、伝わるメッセージとして機能していきます。「普段から自分の心の動きを観察する」。経営者・個人事業主としてブレない自分をつくる上でも大事なことだと感じています。感情が大きく揺さぶられている今だからこそ、ぜひ意識してみてください。自分の中で何かが変わっていきます。